CONCEPT
コンセプト

Change-Speed-Cost

NWCは、情報化時代の劇的な変化とスピードに乗り、生産性を高め諸外国とのコスト競争を勝ち抜きます。

クラウド、ITネットワークを
利用し効率の良い新BAS

どこでも、なんとでも繋がる
オープンシステム

配線等を不要にする、
LoRa遠距離無線・
EnOceanセンサー

自動作成ツールにより、
個別に製作するシステムの
イメージを大幅にチェンジ

IoTによる機器やセンサーを採用し、
その結果のデータからはAIを活用。

各ビルの監視機能を
クラウドで一元化。システム
構築のスピードを大幅に改善

新築・改修工事を問わず
どのメーカの機器とも
スピーディーに繋がる

無線機器による設備は、
改修工事は勿論、増設工事でも
短時間で終了。

プログラムをモジュルー化し
短期間でシステムを
レゴブロック感覚で組む

これまで時間の掛かっていた
分析解析をAIが解決。

監視機能をクラウドにて管理し、
ビル毎にある個別システムを
撤去しコスト削減

新築・改修工事を問わず
どのメーカの機器とも
スピーディーに繋がる

無線機器による設備は、
改修工事は勿論、増設工事でも
短時間で終了。

プログラムをモジュルー化し
短期間でシステムを
レゴブロック感覚で組む

メンテナンス、エネルギーの最適化に
よりコストの大幅削減

NWCは、最新の技術を応用しこれからの新しい時代にふさわしい
インテリジェントBMSをリーズナブルな価格で実現いたします。
また、遠隔メンテナンスもクラウド上から行い、きめ細かなサービスを提供します。

Solution-without-Engineering

Solution without Engineering(SWE )は通常の中央監視システムに比べ、
エンジニアリングを排除することで工期、費用を効果的に削減することが可能なシステムです。

世界規格準拠のインターフェース、プロトコルを搭載しているオープンシステムであっても、ベンダーが多く介在したり、導入に関わるセットアップやカスタマイズに多額の費用やじかんが掛かるようではメリットを活かしているとはいえません。国内のビルの場合には、空調、照明塔のサブシステムのベンダーがプロトコルの異なる機器を使用し、現場ごとにプログラムを組んでいます。

NWCでは、これらの問題を解消するために上位のPCから下位の無線センサーに至るまで、すべての機器に通信機能とCPUを搭載しました。

これらのインテリジェント機能を駆使し、各アプリケーションを事前に用意しておき、機器間の通信設定を自動で行うiNBISを完成させました。IoT時代に相応しいiNBISをお試しください。

  • クラウドレベル
  • 中央監視レベル
  • PIデバイスレベル
  • ローカルI/Oレベル
  • クラウドレベル

工期、費用を効果的に削減

BAS(ビル監視システム)のコストの70-75%は工事、システム設計、プログラム構築等のエンジニアリングコストです。
通常大きなビルでは、BAS関連の作業内容は8階層(添付参照)に分かれています。これらの異なる階層の技術を統括して管理するには多くの作業員が必要となり、システムの管理が難しくなります。
このような問題を解決すべくNWCは、これまでの経験を活かし生産性向上プログラムを作成しました。これからの人手不足の世の中、生産性向上は日本の企業の課題です。